アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログ

アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログです。「自由にしかし楽しく!クラシック音楽(https://nyaon-c-faf.hatenadiary.com/)」の姉妹ブログです。

『クラシカロイド』第3話(第2シリーズ) ひと目会ったその日から 感想

※2018/10/03 画像を削除しました。

 

さて、第2シリーズ3話目にしてモーツァルトのお当番回です。恋バナは1期19話が強烈な印象だけど、同じ脚本家さんが今回ご担当ですよ。よい子のEテレで、放送コードギリギリに挑むラブゲーム大作戦!ムジークの原曲は「フィガロの結婚」だし、もしかして公式カップル成立するの?いやいやまだ3話目だし…。はい、『クラシカロイド』は考えたら負け。何も考えずにフラットな気持ちで観た方が断然楽しいですからね!

 

第3話(第2シリーズ) ひと目会ったその日から (2017/10/21 放送)
あらすじは公式サイトでご確認下さい。

ストーリー | アニメ「クラシカロイド」HP

 

♪感想(レビュー)

ジークはモツらしいキラキラした楽しいものだったし、わちゃわちゃした各シーンもそれぞれ切り取れば面白いんです。でも何だろう?このちょっと物足りない感じ。実は私、今回2期3話を担当された脚本家さんの1期における担当回で、「ついていけない」と思った瞬間が何度かあります。なので、脚本がぶっとんでいるから?と考えてみたものの、そんなことはない今回は比較的おとなしめでしたよね(※鍛えられすぎ?)。うーむ。ぼんやりですが、「せっかくモツのお当番回なのに、モツがあまり目立ってない」(※個人の意見です)のかなって。新人強化キャンペーン、いつまでやるんでしょうか?私、ワー君もドヴォちゃんも大好きですよ、念のため。第2シリーズにおいて、ワーグナーの「革命」が重要ポイントなのもわかる。それでも1話2話で割と時間かけてワー君を堀り下げたでしょ?しかも2話ではお当番のベトの印象は強かった。おもてなしがモツの持ち味だとしても、今回ほとんど全部ワグ海に持って行かれちゃった展開が少し残念。断っておきますが、ワグ海は面白かったし個人的には好きなんですよ。海月をしっかり描いたのも好印象。でもさ、クラシカロイドが増えてただでさえ各ロイドの割り当ては減るわけですよ。貴重なお当番回なのに、そこでお当番をがっつり堀り下げてくれなきゃどうするの?この先どうなるんだろう、とちょっとだけ心配になりました。あくまで少しだけ。まあ、ただのおばさんがぼんやり考えたことですので、あまり真に受けないで下さいね。

そうそう。ツイッターでお詳しい方が今回は「フィガロの結婚」のエッセンスやその背景全部入りといった趣旨のツイートをされていて、さすがだなと。なので「フィガロの結婚」をよく知る人なら格別楽しめたお話だったようです。ちなみに私はまったく気付かなかった派。ざっとあらすじだけなぞっても理解していなきゃ意味が無いわけで。無知って損だと改めて思った次第です。凹んでるヒマはないのよ私!毎回レビューを書くと決めたんだから!そんなわけで、今回も思いつきクオリティにて失礼します。いつもご愛読ありがとうございます。

以下は思ったことメモ。

  • アバンでいきなり合コン始まってます。人見知りチョっちゃんも意外だけどさ、なんでコビトカバが参加してるの?ソファにちょこんと腰掛けている絵、カワイイが過ぎる。しかもこのコビトカバはイケボなのよ。

     

  • 友人ABCの名前がまさかの詠子・美衣子・椎子だった件について。第1シリーズから結構出番あったはずなのに愛が足りないんじゃなくて?海月(うづき)ちゃんも、歌苗の親友なのに今まで活躍出来ていないから、まだ伸び代ありそうよね。

     

  • テーブルの上、未成年だから当然とはいえ飲み物はノンアルコール。食べ物がスナック菓子類なのは部屋コンの基本。なになに?海月は物知りだから呼んで、歌苗は向いてなさそうだから誘わなかったの?奏助、マニュアルは事前に予習しておこう。そして、モツが王様ゲーム用のくじを出して海月が凍ったところでオープニング曲。
  • 王様ゲームって意外と歴史ある遊びとは知らなかったよ。予想通りだけど、王様はモツ。わー、ピー音で何か言ってる!海月「やめんかーい!」って、そんなキャラだっけ?

  • もっかい。やっぱり王様はモツ。ぷりっぷり文字を書いて頂きましょう。まさかのショパン兄さんの尻文字!こ、これは放送コードにひっかからないんでしょうか?海月の心の声がまた。チョっちゃん意外とノリノリ?C、H、って、カタカナじゃなくてCHOPINって書きたかったのね。途中でさえぎっちゃダメだよモツ。

     

  • 奏助のパスワード保護されてない日記が読み上げられたけどさ、初日の決意だけってマー。かえってよかったよね。お正月の奏助、GJ!
  • 三回連続モツが王様で、命令聞くのは海月の番。「ワッ君にチュー」だって。モツのこと「ピンクのエロガッパ」って、海月は結構毒舌。相手はう○い棒をおいしそうに食べてるドヴォちゃんのことと勘違いした海月。あくまで表面上は穏やかに、でも頭の中で綿密な計画を練っている。メガネが光るのが好き。雰囲気察したドヴォちゃんの表情好き。かわいい睫毛も好き。

     

  • ワタルがずっと毛布被って隠れていたなんて…。おでこゴチンで、きゃ、まさかのワグ海の展開に!海月「この合コン砂漠に、天使が、まぁいうぉりとぅあ(舞い降りた)」って、なんでそんな口調?クセで赤面するワタルがカワイイ。

     

  • ちょっと前の回想。庭でお紅茶頂きながら優雅に読書って、ワー君そんなキャラなのね?モツ君親衛隊が来て、御挨拶がガチガチなんて、ワー君ウブちゃん。モツはワッ君って呼んでるのね。「クソガキ」って紹介したのもさ、「愚息」とか言うのと同じ身内感覚。それより、「モツ兄さん」ですってよ奥様。もしかしてベトは「ベト兄さん」なの?なにそれ滾る。
  • 奏助が混ざって合コンすることが決まる。ワッ君に彼女が出来たらモツに部屋を譲ることになったの?モツの人選が自分以外は「ワッ君・奏助・ダンボール君(チョっちゃん)」=僕が一番モテる。えっとベトを外したのは自分が一番じゃなくなるからなの?とりあえず、ワッ君の同意を得ずに開催を決めたのね、一方的に。
  • ワタル「年だって全然上だし」に凍り付く女性陣。JKがおばさんなわけないからそんなに気にしないで。まだ1期と同じ高校1年生だったのね。とりあえず、1期は春夏で2期は秋冬だと考えればOK?
  • 王様ゲームのモツの不正を見抜いた海月がいきなり革命家に!ワタルは涙を浮かべて感激してるよ。1話では割と勇ましいこと言う子だなって思ったけど、意外に純情?Aパートだけでもうお腹いっぱいだよ!ここでアイキャッチ

     

  • Bパート。リッちゃんがバーゲンから帰りましたよぉ。クラクラの二人お久しぶり!音がする2階に行ったら、ベトがのぞき見しとる。ベト「ゴウコンというものらしいのだ」。合コンが何たるか理解してなさそうなところが良いです。「美しいのだ」ええっ!?
  • 海月が仕切っとる。でもいちいち指図されるなんて、こんな合コンはいやだ。ところで不純異性交遊とはどんなものかしら?仕切りのおかげで穏やかな空間。ドヴォちゃんはうま○棒をとっても気に入った様子。巨大パフェは食べてみたい。

     

  • モツが部屋から出てリッちゃんに泣きついてきた。フェロモンでもパッションでもいいけど、ここはよい子のEテレですよ。モツその腰の動きは、ダメぜったい。

     

  • ワタルの思い描く世界、戴冠式の絵がすごい。次の瞬間、大砲従えたモツたちが入ってくるのもすごい。チャイコちゃんがいるんだからさ、チャイコフスキーの「序曲1812年」がくるかなって一瞬思ったよ。

     

  • ここにきてチョっちゃんが「知らない人むりいー」で退場。えっと、まったく知らない人相手なら何とかなっても、少しだけ知っている人は気恥ずかしくなるとか?うちの息子12歳曰く「表面張力だよ。ギリギリのところを揺らしてコップの水がこぼれたんだよ」だそうです。キミは理系だね。
  • リッちゃんはその豊満なバストに相手の顔をうずめさせたら勝ちだと思っている?アイドルの掟、面白すぎ。バダ「最低限の塩対応」、チャイコ「狙ってないなら笑顔は一秒」。はいご一緒に「いつも応援ありがとー(棒)」。業界人、訓練されてますな。

     

  • オヤジ返りしてコーラで酔えるチャイコフスキー10代美少女設定。ちょっかい出したコビトカバは前世で仲良しだったドヴォルザークですよ?お互いあまりにも変わり果てた姿になってて、気付いてなさそう。

     

  • オヤジ(※チャイコ)からワタルを守った海月カッコイイ。惚れてまうやろー!純情な小僧は顔を赤くしてる。

     

  • ベト「やあやあ若人たちよ!」で自作のギターを披露する楽聖。なんかさ、兄弟のお友達に自慢のおもちゃを見せたがる小さい子みたいよ?爆音の中、なぜかハッシーが乱入してドヴォちゃんとうま○棒取り合いになる。前回仲良しになったと思ったのに。
  • バダきゅん、狙った人の左隣に座るのは常識って本当?なんだかんだでカオスになった合コン、同じ毛布を被って潜むワグ海。「見てはいけない。夢に出るから」海月カッコイイ。
  • お?帰宅した歌苗ちゃんの制服が冬服だわ♪「部活きつかった。サボリ多いし」って、サボった人達が家に遊びに来てますよ?

     

  • 合コン会場から弟を回収する姉さん。ちらっと海月ちゃんを見るワー君がカワイイ。流れ解散になったよ。クラクラの二人を自転車で送ろうとする奏助にチャイコ「くんなデレスケが!」…姿は美少女に戻ったのに、中身はオヤジ。

     

  • 「帰っちゃダメだよ」と拳を握るモツ。きれいな顔立ちをしているけど、こんな無骨な手を見ると男性なんだなって思います。

     

  • ジーク発動!ヘタしたら親世代でも知らない、往年のテレビ番組「プロポーズ大作戦」の「フィーリングカップル」っぽい展開。奏助とバダジェフスカの矢印がすれ違うのはお約束。お?クラクラの二人のお相手はバッハ様なのね?幻影だけど。ドヴォちゃんはよっぽど○まい棒が気に入ったらしい。もっと栄養のあるものを食べさせてあげたい。

     

  • 「あの人を送ってくる!」と言って飛び出したワー君は紳士。海月とのやりとりは、なんかおばちゃん恥ずかしいよ。海月「いつかあなたが大きくなって、春を、革命を本物にするときがくるかもしれない」…なんか今回「革命」の大安売り。タクトも振らずに様子を見ていたモツが「おやすみ。良い夢を」と言った真意を知りたい。

     

  • ワー君の部屋にJa/Neinまくらを持ち込んでゲームするモツ。ちゃんと見ていたはずなのに、ワー君と海月がチューしたと断言するモツ。やっぱり個室が欲しかったの?リストさんも奏助も、歌苗姉さんまでチュー話にノッてくるからもうこの人達は。必死で否定するワー君はやっぱりおこちゃま。ドヴォちゃんがあくびしてたよ。
  • エンディング。小さなハートや花が舞っていて、例の矢印も走っていますね。今まで友人ABCだったキャストクレジットが詠子・美衣子・椎子になっておる。

     

  • 次回、いよいよチョっちゃんのお当番回!ドヴォちゃんが心の友!?ショパン:鳥海浩輔ドヴォルザーク:諏訪部順一 このお二人の声優さんはフェロ☆メンというユニットでCDを出している仲ですね。ショパンのムジークはボーカロイドだけれど、もっと声優さんもムジーク歌ってくださっていいのですよ?

 

♪ムジー
ラブゲーム大作戦 ~フィガロの結婚より~
アーティスト:tofubeats(Vocal:遠藤瑠香、藤城リエ)
作詞:tofubeats 作曲:ヴォルフガング・アマデウスモーツァルト 編曲:tofubeats

♪ムジーク効果(私見
「明日になったら全部忘れていいからさ!」ひとときの「夢」として、その人が想う相手との恋を成就させる心理的な作用。相手は人ではないお菓子などでも良いようです。相手は幻影なので片思いでも成立しそう。でも最後の海月とワタルは、きっと本物の両思い。チューはしていなかったけど。

このムジーク、「ワクワク」する歌で、歌い手のお二人も楽しそうです。んーラブラブ♪がカワイイ。

 

 

♪今回(第3話)のマイベスト・ベト
今回は合コンをハブられて出番が少なかったわけですが、元気よく行きましょう。

 

部屋をのぞき見するのが面白すぎです。この後ろ姿、好き。

 

こんな顔して「美しいのだ」にドキっとしましたよ。若いJKの容姿うんぬんじゃなくて、取り仕切る海月の革命のお姉さんっぷりが美しいということ?

 

合コン部屋を覗くとき、リッちゃんと二人羽織なんですが。

 

「また籠もるか」って、「また」なんですよ。また何日もお風呂に入らないんですよ!それにしても、モツと相部屋の物置に一人で籠もるの?それとも他にあてがあるの?

 

ボールの上で体操座りです。


♪今回(第3話)のベト歌
今回、直接的なふれあいはなかったわけですが。

 

ベト「だがあの小娘がいない。」
ベトはあまり他人のことは気にしなさそうなので、合コン部屋を覗いている姿に違和感がありました。でも、なーんだ。小娘のことが気になっていたわけですね。パッション!

 

歌苗が合コン部屋に入ってきたとき、後ろからさりげなく見ていませんか?冬服いいなとか思ってる?んーラブラブ♪

 

フィーリングカップルでもさ、特定の女子と一緒にならなかったし。ギターが恋人なんて、愛だわー!

 

 

私は未読ですが、オペラマンガの「フィガロの結婚」は読んでみたい。著者は里中満智子さんで、他の名作もあわせて8巻シリーズになっているようです。でもいつかは本物のオペラを体感してみよう。

※この記事は「アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログ(http://nyaon-c.hatenablog.com/)」のブロガー・にゃおん(nyaon_c)が書いたものです。他サイトに全部または一部を転載されているのを見つけたかたは、お手数ですがお知らせ下さいませ。ツイッターID:@nyaon_c