読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログ

アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログです。

ブログ開設1ヵ月以上経過しました

2017/04/05にブログを開設して1ヵ月以上経過していました。あっという間でした、はい。勇気を出してツイッターとブログを始めてよかったと思います。『クラシカロイド』2期開始を待っている現在、暇しているヒマがないので(笑)。区切りに何かやろうとは考えていませんでしたが、ここで一度自分の気持ちを整理しておきたいと思い直し簡単な記事を書くことにしました。

SNSが主流の昨今においてブログなんかウケないんじゃないか、と実は今でも思っています。それでも、私は自分の考えたことを残す場所が欲しかったし(ツイッターはさっさと流れていく場所なので)、ただの自己満足だって構わないと考えてツイッターと同時にブログ開始しました。フタを開けてみると…本ブログにアップした記事の本数は昨日までに10本。おかげさまで、今現在(2017/05/09 23:40)トータルのPVは951件頂いております。ここ最近のPVは、通常の日で大体40から50、記事更新の翌日は倍近くになります。7割がツイッター経由ですが、検索で訪問くださる方も3割。正直まさかここまで見て頂けるとは思っていなかったので、素直にうれしいです。ありがとうございます。

私はただの主婦です。今まで人様に読んで頂く文章なんて書いたことがなく、記事を書く際は語彙力のなさを思い知らされます。楽器の演奏ができるわけでも、クラシック音楽に詳しいわけでもありません。史実についても、子供の頃ベートーヴェンの児童向け伝記を読みあさった程度で、他はよく知りません。絵が描けるわけでも小説が書けるわけでもないし…。わーつらい(苦笑)。実際ツイッターやpixivで他の方の投稿を拝見していると、本当にすごいかたが何名もおられますからね。私なんか「生きててスミマセンー!」って常々思うのです。

私が書く『クラシカロイド』のレビューも本の感想文も、史実や音楽の知識があればもっと色々なことに気付けるはず…と思うとどんどん不安になり、読んでもらおうと思ってアップするのに「こんなの読まなくていいですからね!」と言ってしまうという。冷静に考えれば「何やってるの私?」となるわけです。そうしたら昨日指摘を受けました。要約すると「謙遜が過ぎると卑下になり、そんな状態ではオススメ作品までつまらないと思われてしまう」。ツイッター上での空リプだったのでもしかすると私宛ではないかもしれませんが、思い当たるフシがあるからアンテナ受信したわけなので、やはり私が真摯に受け止める必要がある事なのです。指摘くださった方には心から感謝しています。

「卑下」…字面を見るだけでいやな言葉ですね。いやしい、さげる。自分の自己肯定感の低さは自覚していますが、読み手からすれば「そんなの関係ねえ!」ですからね、ええ。それに、曲がりなりにも開始1ヵ月強でトータル1000件近くのPVがあるブログの書き手が、自信無い状態で記事を書いてちゃいかんでしょ。なので、「まずは堂々と胸を張ってブログをやっていこう」と決めました!気持ちは後からついてくることを願って、まずは形からです。

だってさ、私『クラシカロイド』好きなんだよ。それだけでもう十分尊いじゃないか。『クラシカロイド』を「良い」と思う感受性さえあれば、多少文章がおかしくても良さをうまく伝えられなくても、堂々と「これは良い!」って主張していいと思うんだ。いや誰が何と言おうと主張するよ。ブレイクスルーしたシューさんだって「自分勝手好き勝手、なんたって気持ちいいぜ」(魔王道)って言ってるじゃないか。ありがとうアボカド!

今までだって、かなりベトさん寄りの偏った視点で書いてきましたが…。何度か一般向けに修正を試みたものの断念しました。自分の気持ちに嘘をつくのは本意ではないので。今後も「自分が思ったまま感じたまま」を書いていこうと考えています。もちろん、『クラシカロイド』公式にせよ二次創作にせよ関連本にせよ、「作り手」がいてくださるからこそ私たちは楽しめているわけです。なので感想を述べる際は、せめて誠実であろうと思います。私なりに精一杯やりますので、今後ともよろしくお願いいたします。