アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログ

アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログです。

『クラシカロイド』第8話 女子会の一日 感想

※2018/06/3 画像を削除しました。なお、この記事を約1年後に見直した「振り返りレビュー」もあわせてお読み下さい。以下のリンクからどうぞ。

 

nyaon-c.hatenablog.com


ワクワクドキドキムネムネ女子会。女子(元男が2人)4人が参加する、女子による女子のための女子会の回です。どうしてもベトモツはじめ男性陣がお話の中心になりがちなので、こういう回はやっぱり必要ですよね。今まで出番が少なかったクラクラの二人がたっぷり出てきます。サービスシーンもあるよ。

前置きあっさりしすぎ?いいの、本題に入ります。

第8話 女子会の一日 (2017/05/28 再放送)
あらすじは公式サイトでご確認下さい。

ストーリー | アニメ「クラシカロイド」HP


♪感想(レビュー)
男性陣の裸白衣が続いてきたから、今回は女子も、ということで。お約束、女子の水着がありますからね。ドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会(違)。子供が見ているEテレで露出はどこまでOKなのか?気になります。
いわゆる女子会ってこんな感じだっけ?と自分の遠い昔の記憶を辿ってみました。確かにおいしいものを食べたりカラオケで熱唱したり、若いときはそれなりに楽しんでいた気がする、うん。大事なことは「言いたいことが言えるか」なんでしょうね。それこそ、男だ女だなんて女子会には関係ない(byリスト)。大人になるとね、言いたいことが言えない大人の事情があったりするからさ。若いっていいな。

以下は思ったことメモ。

  • ビキニ姿のリスト様、グラマラスでいい身体ですね♪部活のスク水を着ている歌苗の幼児体型が際立ってしまうよママン…。でも人の好みはそれぞれですから!

     

  • 「子猫ちゃん」呼びがデフォルトだと思っていたら、時々「歌苗」とも呼ぶんですね。使い分けの基準ってあるのかな?
  • 出番待ちのクラクラの後ろにあるポスター。なぜバッハ様のほうが主役の二人より大きく写っているの?

     

  • パフェ食べた後、デザートビュッフェに行くなんて…。甘い物は別腹よねー。
  • エステにボウリングにバッティングセンター。盛りだくさんです。体力あるなあ。どうせ払うのは事務所だべ。
  • リストがジョルジュ・サンドの話をしとる。10話のちょこっと予習なのかも。史実フランツ・リストの女性遍歴もぶっちゃけてくださいよー。
  • 歌苗の水着試着タイム!胸元アップはやめたげて。結局はフリルで胸元をかわいく飾ったビキニが合格に。やっぱりオレンジ色が似合うね。

     

  • カラオケは替え歌が基本。辛ら辛ら辛ら辛ら辛ら辛ららー。女子会ってこれよ!たぶん…。それにしても、アイドルにはなりたくないな。大家にもなりたくない。
  • お留守番の男子組は、ほんの少しだけ登場。ハッシーはオスかメスか、確かに気になるね、モツ。チョッちゃんはリッちゃんがいなくてさびしかったのか、リビングでモツと一緒にいて新鮮。ベトは相変わらずお隠りで、シューが窓の外から案じているのまでがセット。

     

  • 露天風呂での会話、聞かせてよ何言ってるのよー。「チョパンとか一人で…」が猛烈に気になるよ。「人として全否定」(by奏助)って、まあ女子会の基本よね。
  • 船貸し切りでフレンチ料理を堪能する女子4人。バダきゅん、両手にフライドチキンがっつり持って…男の目がなければ何でもアリよね。でもお嬢様育ちの歌苗はキレイに食べているし、元男の2人は無理しているのか仕草はエレガントです。歌舞伎の女形は本物の女性より女らしいと言いますしね。

     

  • ずっと後を付けてきた奏助。どんどん変装がうまくなってます。しまいには貸し切りの船にバイトとして乗り込むし。すぐに周りとなじむことができる彼って、実は天才なのでは?
  • バダジェフスカチャイコフスキーの解説をしてくれるパット君。ちゃんとEテレらしい仕事してくれてます。
  • バッハ様からの電話の呼び出し音はJSBの「主よ、人の望みの喜びよ」でした。細かい(笑)。
  • クラクラの二人が泣いちゃったら、奏助が頑張った。エライよ。それはやっぱり愛なんじゃないかしらあー!

     

  • ジーク発動中は、何というかもう、すんごい。絵も発言内容も「通話中」のスマホ画面も全部。これはもう実際の動画を観ましょう(※説明放棄)。
  • とりあえず。歌苗は年上派でお金の匂いが好き。チャイコはでえバッハ様と付き合いたい。
  • 一方的にまくし立てられたバッハ様がお気の毒(笑)。黙って電話を切るしか無いよね。
  • リッちゃんはムジーク発動後はやっぱり寝てしまうのね。リッちゃんのぶっちゃけ話も聞いてみたかったよ。
  • チャイコ「いつも応援ありがとー(棒)」は塩対応よ。なじられちゃうよ。

     

  • 館のお留守番男子たちにギョーザのおみやげを買うリスト姐さん、さすがです。頼れる大人だなあ。


♪ムジー
Fool Love Rhapsody
ハンガリー狂詩曲より~
  アーティスト:浅倉大介(Vocal:米倉千尋
  作詞:麻倉真琴 作曲:フランツ・リスト 編曲:浅倉大介

♪ムジーク効果(私見
肉体と精神の両方に作用。第一段階「人をさなぎに変えて、思いをぶっちゃけると蝶に変化」。第二段階「蝶がさらにぶっちゃけると花が咲く」。「ぶっちゃける」こと自体もムジークの力によるものと思われます。普段から何でも言っている人で、改めてぶっちゃけるものが無い人の場合はずっとさなぎのままなの?それが謎です。

 


♪今回(第8話)のマイベスト・ベト

 

だって仕方が無いって。これしかないんだもの。

 

今回はエンディングの静止画もあげておきましょうね。うん。

♪今回(第8話)のベト歌

 

「色々知ってるんですか?ベトとかモツのこと。」
一番初めに「ベト」が出てくるあたり、愛よ愛なのよ!
噂したら館でベトがくしゃみするし、絶対に二人は赤い糸でつながってますから、ね。

クラシカロイド Original Sound Track

クラシカロイド Original Sound Track

 

サントラに収録のロシア民謡「一週間」は歌無しです。女子会メンバーが女子会の歌詞で歌ったバージョンが欲しいです!


※この記事は「アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログ(http://nyaon-c.hatenablog.com/)」のブロガー・にゃおん(nyaon_c)が書いたものです。他サイトに全部または一部を転載されているのを見つけたかたは、お手数ですがお知らせ下さいませ。ツイッターID:@nyaon_c