アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログ

アニメ『クラシカロイド』のことを書くブログです。

『クラシカロイド』第6話 始まりのクラシカロイド 感想

f:id:nyaon_c:20170516223435j:plain

この第6話はなんと言っても「無事か、小娘」ですから、ええ。多くは語らずとも良いのです。御託はいいからとにかく見ましょうね、皆様。あと大事なこと!『クラシカロイド』は6の倍数の回で話が進むそうですよ。クラシカロイドは全員揃ったし、目覚めたときの回想もあったし、なんか話が進んでいる気がする…。そして第1話からここまでついてきた人は、もう『クラシカロイド』なしの生活なんて考えられないですよね?何も迷うことはありません。あとは第一期最終回まで、いやその先の二期三期劇場版(妄想)まで完走しましょう!あ、でもご新規のかたも安心してください。基本は一話完結型でいつでも入れますからね。公式サイトでざっとあらすじを確認して気になる回を見つけて、そこから入るのもアリですよ♪

第6話 始まりのクラシカロイド (2017/05/14 再放送)
あらすじは公式サイトでご確認下さい。

ストーリー | アニメ「クラシカロイド」HP

♪感想(レビュー)
「もはや人かどうかもあやしい」クラシカロイドたちと家族のような関係になっていく、しっかり者のJK。歌苗は一人で頑張ってきたけれど、もう一人じゃないよ。よかったね。ようやくここから本当の物語が始まるのかも。そして響吾のセリフ「君がバッハというならバッハなんだろう」と「君たちはベトとモツ。私がそう決めた」…同じクラシカロイドが相手でも「一番初めに目覚めたバッハ」に対する姿勢と、「その後に目覚めたベトモツ」に対する思いが異なっているのが気になります。

今現在起きていることの流れに回想シーンがたくさん割り込んできますので、もしかすると小さいお子さんにはお話が掴みにくいかもしれません。それでもうちの下の子(4歳)は、5人同時ムジークを喜んでいましたし、わからないなりに楽しんでいる様子です。そもそもクラシック音楽の原曲を知らずにムジークを聴いていますからね。私見ですが、子供っていかにも「お子様ランチ」的なわかりやすいものより、少し難しい部分があるものを好む気がします。大人だってそうですよね?一回の流し視聴で全部わかっちゃうものは二度と見ないけど、「何か気になる」ものは繰り返し見ていつの間にかハマってしまう。『クラシカロイド』は大人でも見るたびに新たな発見がある作品だと思います。幼い頃にこの作品に出会えた子供達(うちの場合だと小6と年中)が、実はうらやましいです私。少し大きくなって、あるいは大人になってから再度見たときに、まったく違った捉え方ができるだろうから。何度でも新鮮な気持ちで出会えるんだろうな、なんて。

以下は思ったことメモ。

  • 歌苗の夢の中で響吾「世界を適当に滅ぼしてこーい」って。響吾は「適当」が口癖なんでしょうか?娘が夢に見るくらいには…。
  • パット君を介して話す響吾パパは天才肌と言えば聞こえはいいけど、娘からすればこんな適当なお父さんじゃツライんじゃないかと。借金まで作ってマッタク。
  • 歌苗「好きでしっかりしているんじゃないわよ。ばか」が泣ける。そりゃあ高校生になれば身の回りのことは自分でできるし、家を切り盛りするのだって頑張ればできるかもしれない。でも親の務めって生活面のことだけじゃないでしょ?なぜ家に一人で置き去りに?まだまだ精神的に寄り添ってあげようよ?
  • モツ「お金なんていいのにー」。前世はお金で苦労したからあまり考えたくないのよね、きっとそう。
  • あら、いい男(はあと)。でもその不敵な笑み、悪い予感しかしないから。

    f:id:nyaon_c:20170516223514j:plain

  • 目覚めるバッハに響吾「ハローワールド」って、プログラミング基礎そのまんまの言葉。まあ彼にとってクラシカロイドは自ら構築したシステムそのものなんでしょうけど。しかし人体持っていて、最初から言語を理解し運動能力もある…学会に発表しようよ。
  • ベト、餃子専門店でお金を稼ごうという志はいいけど、オルガンに手をかけるのはダメだ。そりゃあ追い出されるさ。

    f:id:nyaon_c:20170516223533j:plain

  • わー、YES/NOまくらだ!ドイツ語でJa/Neinって細かい(笑)

    f:id:nyaon_c:20170516223545j:plain

  • モツ「もしかして僕ら、捨てられちゃった?」がもう切なさMAX。館の前で歌苗が満面の笑みで迎えてくれたとき、ベトモツは内心「女神が現われた」と思ったんじゃない?

    f:id:nyaon_c:20170516223556j:plain

  • バッハがアルケー社の上層部を洗脳したときに使ったムジークは何?気になるよママン…。
  • 歌苗はもちろん頑張っているけど、そばにいる奏助が本当にいいヤツ。広い館に一人取り残された幼なじみをこうして支えてきたんだね。
  • シューベルトベートーヴェン先輩の居場所を匂いで感知するらしい。背負ったおみやげが世界放浪してきた感があってすごい。

    f:id:nyaon_c:20170516223613j:plain

  • 歌苗のピンチを音羽館の面々だけでなくバッハまでが感知しましたよ。目覚める前に響吾が何か仕込んだ?
  • クラシカロイド5人同時ムジークはカオス。今までの総復習にもなっている。ムジークは良い編曲ばかりだから一度と言わず何度でも使ってほしい。でも外野で見ている分には楽しいけど、渦中にいる人にすれば三弦が言うように「頭が割れそうっす」なんだろうな、きっと。

    f:id:nyaon_c:20170516223640j:plain

  • そして5人全員が自分で制御不能になったのに、一撃で静める(しかも普段着でタクトだけ使って)バッハすごい。鼻から牛乳~♪

    f:id:nyaon_c:20170516223650j:plain

  • で、ベトモツはまだ家賃入れてなかったのね…。歌苗の「ベトモツ」呼び捨て宣言にベト「好きにしろ」モツ「わお。特別な関係って感じ」…もうなんなんですかお嬢様の渾身の叫びを軽くあしらって。
  • 歌苗へのプレゼント。リッちゃんのが買い物で唯一女子が喜びそうなもの。チョッちゃんの宝物であろう「レアアイテム」は…価値が分からない人には無用の長物かもしれないけど、高く売れると思うから貰っておこうか?ベトモツのも気持ちだけはありがたく、ね。

♪ムジーク
音羽館の5名は第1話から第4話で既出のものです。
バッハは第12話でとりあげます。

♪今回(第6話)のマイベスト・ベト
「ベスト」と言っておきながら複数枚選ぶ私は詐欺ですね、そうですね。

f:id:nyaon_c:20170516223703j:plain

「私はルードヴィヒ・ヴァン…」
きゃーサービスショットですよ皆様♪うまれたての身体、ブラボー!
正直に言えば怒らないから「布いらない」と思った人は後でこっそり先生に教えなさい。いいですね。

f:id:nyaon_c:20170516223733j:plain

漁船でのバイト、サマになっているじゃない♪

f:id:nyaon_c:20170516223743j:plain

「バッハ…」
この少しゆがんだ表情がいいですねえ。音羽館でムジーク発動するとき、一番高い場所にいるのはやっぱりベトさんよね。

♪今回(第6話)のベト歌(特別編)
はい、今回は「ベト歌」の画像がいっぱいありますよー。ベト歌沼へようこそ!

f:id:nyaon_c:20170516223839j:plain

「小娘…?」
どんなに遠くに居ても危険を感知するなんて、どんだけ歌苗ちゃんセンサー優秀なんでしょ!?

f:id:nyaon_c:20170516223907j:plain

で、おそらく一番遠くにいたであろうベトが、真っ先にタクトを振るというね。

f:id:nyaon_c:20170516223924j:plain

「無事か、小娘」
破壊力が半端じゃない。だって「ギョーザー」で頭がいっぱいの人なんだよ。そんな人が小娘を気遣うなんて、これはまさしく愛よ愛!

f:id:nyaon_c:20170516223937j:plain

「えーん(泣)」
そうだよ。「しっかりしている」って言われたってまだ高校1年生。心細かったよね。もう大丈夫、みんな戻ってきてくれたから。歌苗ちゃんのことリスト姐さんが抱きしめたけど、ベトが抱きしめたかったに違いないよね。

もうおばちゃんはベトと歌苗の恋の行方(言っちゃった…)が気になって仕方が無いよ。

クラシカロイド Original Sound Track

クラシカロイド Original Sound Track

 

 「無事か、小娘」はサウンドトラックに収録されています。CD収録曲のレビュー記事も書きましたのでそちらもあわせてどうぞ。

nyaon-c.hatenablog.com